防犯のことならマンション・アパートに特化したセキュリティハウスへ。建物に合わせて最適の機器をご提案します。

強盗対策

某マンション

相手に暴力をふるって脅迫し、金品を奪い取る、恐ろしい強盗。

お店や銀行での被害が多いと思われがちですが、実は住宅・マンションでの被害も多いのです。

 

「住人同士が互いの顔を知らないだろうから、侵入しても気付かれない」

「多少音を立てても、誰も見に来ない」

「オートロック設置で安心しきってしまっていて無施錠の部屋が多い」

「ベランダ沿いに移動すれば、何件も連続で侵入できる」

「上の階に行けば行くほど防犯意識が低くなり、無施錠の窓から侵入しやすい」

「ワンルームマンションは夕方になれば照明で無人かどうかが外からまるわかり」

等々、泥棒にとって有利な条件がたくさん揃ってしまっているのです。

 

被害から身を守るためには防犯機器は必須です。

もしも強盗被害に遭ったら・・・

包丁

強盗犯は包丁や銃などの凶器を所持していることが非常に多いため、戦って取り押さえるということはおすすめできません。

警察へ通報できるよう必ず携帯電話をもち、外へ逃げましょう。

 

もし逃げ切れず犯人に捕まってしまった場合は、冷静に対処し、抵抗はなるべく避け、「金品よりも命が大事」とあきらめることが必要となってしまうでしょう。

 

やむを得ない時は金銭被害はあきらめること。

一番大切なのは、貴方の命です。

狙われないマンションにするには

下見段階でターゲットからはずれさせる

セキュリティキーパー

強盗犯は、まず犯行を行う前に、侵入しやすそうな

マンションを選ぶために下見に来ることが多いです。

 

 その下見段階でターゲットにされないよう、抑止力効果の高い「セキュリティキーパー」をすぐ見えるわかりやすい位置に設置する事によって

「このマンションは警備が厳しそうだ」という印象をつけ、諦めさせることが出来ます。

侵入時にはセンサーで警報

パッシブセンサー

もし侵入されてしまった場合は、早期撃退が必須。

 

窓にはマグネットスイッチガラス破壊センサー、室内にはパッシブセンサーを設置。

窓や扉をこじ開けようとしたり、室内に侵入しようとした瞬間に侵入者に対して即座に大音響のサイレンや眩いライトで威嚇・撃退します。

犯罪者は『音』『光』が大キライ

不審者は、犯行中は常に緊張状態。「誰かに気付かれていないか」という意識が強く働きます。

このような状況で、突然ベルが鳴ったりライトがついたりすることは、その音や光に驚くからではなく、「おまえの行動はすべて監視しているぞ」と宣言されていることを意味しています。

この原理を利用して、未然に防ぐことのできるマンションへと改善させるお手伝いをさせていただきます。

 

その他強盗を防ぐための方法について≫

未然に「狙わせない!侵入させない!」マンションへ

マンション防犯カメラ

見知らぬ人物が部屋に侵入することはもちろん、ある日突然脅迫され、暴力や傷害を負わせられるかもしれない状況には、絶対になりたくありませんよね。

一番大切なのはもちろん命ですが、金品も守りぬきたい。
そのためには、あらかじめ不審者に「狙わせない、侵入されない」マンション作りが必須です。
セキュリティハウスのシステムで更なるマンション強化を目指しませんか。

まずは無料診断だけでもかまいませんので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムの特長

狙わせない、侵入させない。マンションを盗難・火災・強盗等から守る。自分で守る時代の最新システムです。

i-NEXTの特長

iPadでいつでも、どこにいても、マンション内をリアルタイムで動画・音声が確認できます。

防犯のプロ達

後藤 大輔 営業部課長

一覧はこちら

お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
モバイルサイト
Facebook
リンク集