防犯のことならマンション・アパートに特化したセキュリティハウスへ。建物に合わせて最適の機器をご提案します。
HOME防犯システムを目的別で探す > ピッキング・空き巣を防ぐ
防犯システムを目的別で探す

ピッキング・空き巣を防ぐ

ピッキングとは

ピッキング

「ピック」と呼ばれる金属で出来た特殊な工具を鍵穴に刺し、

解錠する手口です。

 

特に、低層マンションや人通りが少ない所、

狭く入り組んだ路地が多い地域が 被害が狙われることが多くなっています。

数秒で解錠出来、痕跡がほぼ残らないため、

発見が遅れてしまうこともあります。

 

対策としては、ピッキング防止機能のついた錠前を設置したり、

もう一つ別の錠を付けるようにしましょう。

 

ピッキングでの被害件数は、

対策が進んでいるため年々減少傾向にありますが、

そのほかにも様々な侵入方法があります

 

・ドアに穴を開け、金属の工具でドアノブのつまみを

 回転させて解錠する  「サムターン回し」

・縁側やベランダの窓ガラスを割って侵入する「ガラス破り」

 

・窓ガラスをバーナーで焼いて穴を開けて解錠する

 「焼き切り」 などがあります。

 

窓ガラスにも、簡単に割れないようにする防犯ガラスや 防犯フィルムをつけるなどの対策を行いましょう。

防犯侵入検知センサーなどを設置しておくと、侵入された瞬間に発見ができ、

大音量の音と光によってひるませ、撃退することができます。

 

そして一番侵入被害件数が多いのは「無施錠」なのです。

施錠されていない窓や玄関からの侵入が最も多いので

留守にする際にはしっかり施錠したことを確認するよう心掛けましょう

空き巣を防ぐために

暗くなったら室内の照明をつけ、在宅していることを示す。

家に灯りがないと、その家は不在だという目星を付けられます。
玄関の外の灯りで効果はないので、お部屋の灯りを付けましょう。

長期間留守にする場合は郵便物を止める

新聞紙や郵便物がポストに溜まっていると、長期留守にしていることが解ります

このようなことにならないためにも予め郵便局や新聞会社に連絡をしておきましょう。

家族全員の名前を表札に記入しない

家族構成が解ってしまうと、いつ、何人が出かけていて 家が留守になっているか解るため

表札は苗字のみのものにしましょう。

郵便ポストに鍵をかける

郵便物を盗まれると、住所や家族の個人情報が漏れてしまう可能性があります。

ポストに入っている郵便物は、なるべく速やかに取りに行き、

処分する際は個人情報が記載されている部分を黒いペンで塗りつぶし、

シュレッダーなどで細かく粉砕して処分しましょう。

積極的に挨拶をする

家の近所で怪しい人を見かけたら、声をかけてみましょう。
声をかけられることによって犯行を行いにくくなります。

関連の防犯システム

LEDフラッシュライト付音声報知器(LFV-12V (W))

強力な閃光と高音質な音声によるダブル報知
豊富な音声パターンで威嚇・警告などあらゆる場面で効果を発揮します
詳細はこちら

ネットワークコントローラ(J-810SH)

最大10回路監視、通信連動機能、電気錠連動機能登載。テナント監視にも対応できる中~台規模物件向けのコントローラ
詳細はこちら

関連の納入実績

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムの特長

狙わせない、侵入させない。マンションを盗難・火災・強盗等から守る。自分で守る時代の最新システムです。

i-NEXTの特長

iPadでいつでも、どこにいても、マンション内をリアルタイムで動画・音声が確認できます。

防犯のプロ達

中山 良太

セキュリティ事業部 営業 中山 良太のご紹介です。

一覧はこちら

お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
モバイルサイト
Facebook
リンク集