防犯のことならマンション・アパートに特化したセキュリティハウスへ。建物に合わせて最適の機器をご提案します。
HOME最新の犯罪事情マンション > マンションの犯罪事情
最新の犯罪事情

マンションの犯罪事情

何故狙われるのか

マンション

●マンションにはエントランスなどの

 共用部があり、そのマンションの入居者はもちろん

 外来者でも自由に出入りできるので、

 正面から怪しまれずに侵入できる

 

●ベランダ沿いに隣へ簡単に移動できるので

 一晩に何軒も侵入ができる

 

●オートロック設置のマンションでは、

 逆に防犯意識が低く、

 無施錠で出かける人がいる

 

●マンションの高層階に住んでいるからといって、

 安心してベランダの窓を開けっ放しにしてしまう

 

●隣人とのコミュニティが希薄なので、

 顔を見られたり、多少音を立てたりしても怪しまれない

 

●ワンルームマンションであれば

 単身者が多く、電気がついていなければ留守だと言うことがわかる。

侵入方法

窓を破損させる「ガラス破り」での窓からの侵入が最も多く、

その次に多いのは意外にも無施錠で、オートロックを信頼しすぎて

鍵がかかっているか確認していなかったり、

すぐに戻るからといって鍵をせずに出かけた隙をついて

侵入をされるケースがあります。

 

その他、ピッキングやサムターン回しなどの特殊な方法での解錠や

元恋人などが何らかの方法で合鍵を使って侵入するという被害も報告されています。

被害事例

オートロック式のマンションの無施錠の部屋を狙い

キャッシュカードを盗み、現金を下ろす。1億4000万円の被害が出た。

→防犯システムがついているからと過信せず、窓・扉の施錠はきちんと行う。

 

双眼鏡を使ってターゲットを偵察。

外出する際に合鍵を郵便ボックスに隠しているのを確認し、

その鍵を使って侵入する事件がありました。

→絶対に合鍵は玄関周辺等に置かないようにしましょう。

 

屋上から降りていく方法でマンション高層階を狙う。

上の階になればなるほど開けっ放しの部屋が多く、

ベランダ沿いに隣に移り、数件に一気に侵入。

→最上階であれば、屋上から数えると1階下。上層階でも油断はできません。

マンションの防犯対策

マンションの防犯システム

赤外線センサー(SHC-AX050)

赤外線センサー(PXB-50F)

マンションへの侵入手口はガラス破りが最も多いですが、意外にも無施錠がその次に多いのです。オートロックを過信してはいけません。
詳細はこちら

見張りワン

見張りワン

マンションへの侵入手口はガラス破りが最も多いですが、意外にも無施錠がその次に多いのです。オートロックを過信してはいけません。
詳細はこちら

デイナイトカプセルカメラ

デイナイトカプセルカメラ(VCC-IR810)

マンションへの侵入手口はガラス破りが最も多いですが、意外にも無施錠がその次に多いのです。オートロックを過信してはいけません。
詳細はこちら

パッシブセンサ送信機(TX-106)

パッシブセンサ送信機(TX-106)

マンションへの侵入手口はガラス破りが最も多いですが、意外にも無施錠がその次に多いのです。オートロックを過信してはいけません。
詳細はこちら

マンションの納入実績

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムの特長

狙わせない、侵入させない。マンションを盗難・火災・強盗等から守る。自分で守る時代の最新システムです。

i-NEXTの特長

iPadでいつでも、どこにいても、マンション内をリアルタイムで動画・音声が確認できます。

防犯のプロ達

鹿鳥 勝己 常務取締役

一覧はこちら

お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
モバイルサイト
Facebook
リンク集