防犯のことならマンション・アパートに特化したセキュリティハウスへ。建物に合わせて最適の機器をご提案します。
HOME防犯システムを目的別で探す > ピッキングや空き巣を防ぐ
防犯システムを目的別で探す

ピッキングや空き巣を防ぐ

戸建住宅に比べると、防犯がしっかりしていると安心してしまいがちなマンション。

実際には、とても高い確率で侵入窃盗などの事件が発生しています。


マンションのセキュリティを考えるときには入居スペースだけでなく、
出入口などの共用スペースなどそれぞれの場所に防犯システムを設置して、
不審者がマンション内に侵入してこないように考慮することが大切です。

マンションで多い空き巣被害

ガラス破り

侵入窃盗事件のほとんどは住居スペースで発生しています。

中でも、昼間 家を留守にしているときに住宅に侵入して金品を盗んでいく
空き巣」被害が一番多く、全侵入窃盗事件の70%を占めています。


侵入してくる手口としては、窓ガラスやガラス戸を割り、
そこから手を入れてクレセント錠などを開けるガラス破りが最も多いです。

その他、マンションでは錠前にピックという特殊器具を差し込んで鍵を開ける
ピッキングによる手口も依然多いので、
錠前の強化をしたり、補助錠をつけたりするなどして対策をしておきましょう。

空き巣から狙われないために

空き巣被害に遭わない為には、何よりも空き巣のターゲットにならないことが大切です。

その為にも以下のことに気をつけましょう。

外出時は家の明かりをつけておく

マンションの明かり

夕方 暗くなってきたとき、周りの家には明かりがついているのに
1軒だけ明かりがついていないと「留守だ」ということが一目瞭然です。

空き巣は家の中に明かりがついているだけで
犯行を諦める
傾向があるので、
外出時には家の中の明かりをつけておきましょう。

洗濯物は遅い時間まで干さない

留守であるということがわかるのと同時に隙があると思われてしまいます。

帰宅時間が遅くなる場合には、室内に洗濯物を干すようにしましょう。

長期間 留守にするときは、新聞、郵便の配達を止めておく

玄関扉などに見知らぬマークなどが書いてあれば、すぐに消す

表札などに数字、文字、シールなどのマークがあれば、
それは泥棒が下見をしたときの目印かもしれません。

すぐに消しましょう。

マーキングがずっと残っていると、無頓着で無防備な家だと思われてしまいます。

表札は苗字だけにする

家族構成、人数が分かってしまいます。

泥棒は外出する人数を数えているかもしれません。

個人情報が記載されたものをむやみに捨てない

DMや請求書、宅急便の送り状などには個人情報が記載されています。

黒く塗りつぶす、パンチで穴を開ける、ハサミで切るなどしてからゴミに出しましょう。

ポストには鍵をつける

郵便受け

共有部分にある郵便ポストでは、
郵便物を盗み見たり、個人情報を知られたりしてしまう可能性があります。

防犯装置をつける

家は二重ロックにし、
防犯ガラス、セキュリティキーパー、侵入検知センサーなどを設置しておきましょう。

金目のものは高い場所に隠しておく

泥棒は短時間で犯行を終わらせたい為、大慌てで物色しています。

自分の目線より上にある高いところのものは
目が届きにくく探すのが大変なので、あまり手をつけない傾向があります。

お問い合わせフォーム

関連の防犯システム

コンビネーションセンサー

赤外線センサーとマイクロ波を併用し、豪雨や降雪、霧、霜など環境の悪い場所での外周警備に最適
詳細はこちら

ツインミラー型パッシブセンサ送信機(TX-105TWL)

ツインミラー型パッシブセンサ送信機(TX-105TWL)

ツインミラー方式の採用で環境の変化に対応したパッシブセンサー送信機。誤動作を大幅に低減しています。
詳細はこちら

関連の納入実績

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムの特長

狙わせない、侵入させない。マンションを盗難・火災・強盗等から守る。自分で守る時代の最新システムです。

i-NEXTの特長

iPadでいつでも、どこにいても、マンション内をリアルタイムで動画・音声が確認できます。

防犯のプロ達

木村 明彦

セキュリティ事業部 営業担当 木村 明彦のご紹介です。

一覧はこちら

お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
モバイルサイト
Facebook
リンク集