防犯のことならマンション・アパートに特化したセキュリティハウスへ。建物に合わせて最適の機器をご提案します。
HOME防犯システムを目的別で探す > ガラス破りを防ぐ
防犯システムを目的別で探す

ガラス破りを防ぐ

侵入の手口はガラス破り

割れた鏡

マンションで発生する侵入窃盗などの事件では、

犯人は「ガラス破り」という手口をつかって

住宅内へ侵入してくる場合がほとんどです。

(ガラス破りとは、窓などのガラスを割り、割ったところから

手を入れてクレセント錠などを開ける侵入手口。)

 

ガラス破りは、マンションだけでなく、一戸建て住宅をはじめ、

一般の事務所や商店などに侵入する手段として

最も多く使われている手口です。

ガラス破りの方法

マンションの住居で主に割られるガラスは、窓ガラスです。

ガラス自体を強化して、犯人が侵入するのに必要とする時間を長くすることが大切です。

 

しかし、あくまでも侵入に時間がかかるため泥棒が諦める傾向にあるというだけで、

確実に安全だというわけではありません。

 

そのためにも、万が一ガラス破りの被害にあったとしても、

早期侵入検知できるシステムを導入しておくことをお勧めします。

こじ破り

ガラス破りの中でも一番多いのが、この「こじ破り」という方法です。
これは、引違い窓についている錠前の部分をドライバーでこじあけるようにして穴をあけ、
そこから手を入れてサッシのクレセント錠を直接開けるという方法です。

打ち破り

物を投げたり、ハンマーを使ったりして窓ガラスを叩き壊して侵入する方法です。
破壊音を気にしなくていい場合にこの方法が用いられます。

焼き破り

ライターなどでガラスを焼いたあとに水をかけて、ガラスにひびを入れるというもので、最近増加している方法です。
音が出ないだけでなく、技術を必要としないため、侵入犯にとっては大変都合がよい方法だといえます。
誤って火事になってしまう危険性もあります。

防犯ガラスの種類

ガラスには様々な種類があります。
正確に理解して、ガラス破りのターゲットにならないようにしましょう。

フロートガラス

一般的なガラスです。
開口部に使われることが多く、建築物の窓ガラスをはじめ、ショーウィンドウにも使われています。
強度が弱いため、防犯性能はきわめて低いです。

網入りガラス

フロートガラスを加熱・急冷させたものです。強度としてはフロートガラスの3~5倍です。
人体が与える衝撃、バットなど角がないものの衝撃には強いのですが、
アイスピックなど鋭利な金属の衝撃には弱く、簡単に破壊されてしまいます。防犯性も低いです。

複層ガラス

2枚のフロートガラスの周囲を封着して、間に乾燥した空気を密封したものです。
ガラス破りにとっては、2枚のガラスを割る必要があるので手間がかかりますが、防犯性が高いとはいえません。

合わせガラス

フロートガラス2枚の間に柔軟で強靭な特殊中間膜を挟んで加熱・圧着したガラスです。
強い衝撃を受けて破損したとしても簡単には開口しません。
フロートガラスに比べると防犯性優れていますが、十分ではありません。

複合合わせガラス(防犯ガラス)

フロートガラス2枚の間に多層の柔軟で強靭な中間膜とポリカーボネート板、
パンチングメタルなどを挟んで加熱・圧着したガラスです。
合わせガラスよりも防犯性が高いガラスです。

合わせ複合ガラス(防犯ガラス)

複層ガラスの片側、あるいは両側を合わせガラスにしたガラスです。
耐熱と防犯の双方に優れたガラスです。
お問い合わせフォーム

関連の防犯システム

サイレン・フラッシュ付き受信機(RXF-25)

サイレン・フラッシュ付き受信機

ワイヤレス受信機に音(サイレン・音声)と光(フラッシュライト)を搭載
詳細はこちら

赤外線センサー(TX-121A)

赤外線センサー(TX-121A)

ワイヤレス送信機内蔵型の小型赤外線センサー
詳細はこちら

関連の納入実績

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムの特長

狙わせない、侵入させない。マンションを盗難・火災・強盗等から守る。自分で守る時代の最新システムです。

i-NEXTの特長

iPadでいつでも、どこにいても、マンション内をリアルタイムで動画・音声が確認できます。

防犯のプロ達

鹿鳥 勝己 常務取締役

一覧はこちら

お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
モバイルサイト
Facebook
リンク集