防犯のことならマンション・アパートに特化したセキュリティハウスへ。建物に合わせて最適の機器をご提案します。
HOME防犯システムを目的別で探す > 自動車盗難を防ぐ
防犯システムを目的別で探す

自動車盗難を防ぐ

泥棒に人気があるプリウス

マンションの駐車場を狙った自動車盗難・車上荒らし事故が後を絶ちません。


平成24年には、トヨタ自動車のハイブリッド車「プリウス」が盗まれる事件が多発しました。

ほとんどのケースできちんと鍵がかけられていました

それにも関わらず、車が盗まれてしまったのです。

犯人はイモビライザーを不正に解除することができる
「イモビカッター」を使用して車を盗んだと言われています。


日本損害保険協会の調査によると、
平成21年11月の段階でプリウスは
自動車盗難で保険金が支払われた車種の上位20位に入っていませんでした。

しかし、平成22年11月には車種別で7位になり、翌23年11月には5位に…。

プリウス盗難事件が圧倒的な勢いで急増したのです。


当初は転売目的の犯行だと思われていましたが、郊外などに乗り捨てられるケースが多く、
車内に消火器などを噴射して証拠隠滅を図ったものも数多く発見されたため、
逃走車両として使用されていることが判明しました。

防犯カメラの設置は必須です

施錠していても自動車盗難被害に遭うことが多くなった昨今。

マンション内で自動車盗難の被害に遭わないよう、
防犯カメラが設置されている駐車場を利用するよう警察が呼びかけを行っています。


一般的に泥棒は下記「侵入防止4原則」を嫌うと言われています。

ベル・サイレン音が鳴ると周囲に気付かれてしまうため。

照明

フラッシュライト、人感ライトなど突然の光は
犯行時 緊張状態にある犯人に有人であると感じさせる効果があります。

人に目撃される、あるいは防犯カメラに映像を記録されると後で捕まってしまう可能性があるため。

時間

侵入に手間と時間がかかると、見つかってしまう可能性が高くなります。

つまり犯人は時間がかかると判断すると犯行を諦める傾向にあります。

車

侵入防止4原則のうち、
どれかひとつでも対策が行われていれば効果があるのですが、
最近の犯行手口を見ると、
ひとつでは不十分であるということがわかってきました。

犯人は防犯対策がされているのを承知でやってくるので、
それ以上の対策を行っておく必要があります。

防犯カメラを必ず設置しておきましょう

駐車場内の死角をなくして、不審者の早期発見を行うことができます。

映像から犯人を特定することにも役立つ他、
防犯カメラが設置されているだけで犯罪の抑止力にもなります。


照明を明るくしましょう

照明を明るくし(夜間の駐車場内は2ルクス以上が理想です)、
周囲からの見通しを良くしておくことが大切です。


●できるだけボディカバーをつけて、車種を特定できないようにしておきましょう。


人感ライトを設置して、人が近づくと自動的に照明がつくシステムを設置しておきましょう。


●イモビライザーはもちろん、ハンドル固定ロック式防犯装置、振動センサー・空気圧センサー、
電圧変化センサー、キー穴以上センサーなどの自動車盗難防止装置を設置しておきましょう。


●車の位置確認サービスと契約しておきましょう。

お問い合わせフォーム

関連の防犯システム

屋外用デイナイトカプセルカメラ

屋外用デイナイトカプセルカメラ(VOC-880)

赤外線照明搭載、高感度デイナイトカプセルカメラ。屋外設置(IP66準拠)ができ昼夜を問わない映像監視を実現しています。
詳細はこちら

センサーライト付きカメラ(PVL-662)

PVL-662

48万画素CCDとバリフォーカルレンズ搭載でセンサー・ライト・カメラ部個別調整で様々な設置状況に対応します。
詳細はこちら

関連の納入実績

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムの特長

狙わせない、侵入させない。マンションを盗難・火災・強盗等から守る。自分で守る時代の最新システムです。

i-NEXTの特長

iPadでいつでも、どこにいても、マンション内をリアルタイムで動画・音声が確認できます。

防犯のプロ達

堀田智貴

お客様からの「ありがとう」のお言葉を頂くために。
安心、安全をモットーに、若さを活かして全力で取り組みます。

一覧はこちら

お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
モバイルサイト
Facebook
リンク集